前へ
次へ

階層や職種などにより多岐に渡る社員研修の種類

社員研修と言いますと、一般的に新入社員が入社後に受講するイベントと言うイメージが持たれがちですが、新入社員に特化したイベントと言う訳ではなく、対象は多岐に渡るものです。
基本的に社員教育に於ける研修は、社員の経歴や実務経験を見て行われる階層別研修や、事務職や営業職などと言った職種別に特化した研修に大別されます。
階層別で代表される研修としては、新入社員研修、マネジメント研修、役員研修などが挙げられます。
社員研修の目的としては大きく分けて、知識を学ぶ事、スキルを学ぶ事、意識や問題解決力を向上させると言った事が挙げられます。
どの研修も、社内に於ける役割を果たしていく為に必要な事を身に付け、適材適所な人材として活躍出来るように実施されるものです。
研修は社員が担当し実施するパターンと、外部の研修専業の業者に委託すると言うパターンがあり、実施コストや目的によって企画のパターンの選択をするのが一般的です。

Page Top